「HEAL THE WORLD」マイケル・ジャクソン

なんにも知らなくてごめんなさい


参考サイト マイケル・ジャクソンという人生。愛と哀しみの真実に触れる5冊

【一部抜粋】
マイケル・ジャクソンのあたなが知らない7つの事実!
1:驚異的な売り上げとなったスリラー

マイケルのもっとも売れたアルバムとして有名な「スリラーThriller)」。こちらは累計で1億1000万枚を売り上げ、現在までその記録を塗り替えた作品がないほどの大ヒット作でした。この曲で今まで黒人音楽とは無縁であった白人達からも人気を集めるようになり、マイケルの認知度の向上に一役買っていました。

2:疑惑をかけられ家宅捜査されている

世界的なアーティストとして名声を得たマイケルですが、2003年に子供への性的虐待疑惑がかけられサンタバーバラ郡の保安官に、「ネバーランド」と名付けられた自宅を家宅捜査されています。 この裁判では2005年に全ての疑惑の罪に対して無罪判決が言い渡されています。

3:白い肌は病気だったため

マイケルは黒人です。 しかし、晩年のマイケルは白い肌でメディアに登場することが多くなっていました。 これは死後の検死の結果、「尋常性白斑」という自己免疫疾患によるものであることがわかりました。 この病気により、肌の色素が抜けていったようです。

4:謎の多い死

2009年6月にマイケル・ジャクソンはその生涯を終えました。
死因は元主治医による重過失致死で、麻酔薬プロポフォールの不適切な使用の疑いが強く出ていました。
結局、元主治医は禁固4年の判決を受け、模範囚としての評価から2年で釈放されることで、事件は幕を下ろしましたが、マイケルの死に至る過程や、陰謀説などが錯綜しており、現在まで都市伝説かのごとく謎に満ちた事件となっています。

5:ムーンウォークの歴史

彼の代表的なダンスである「ムーンウォーク」は、原型は「バックスライド」と呼ばれていました。
このバックスライドを初めてテレビで初披露したのは、1970年代から80年代に活躍した音楽グループ、シャラマーのシンガー兼ダンサーのジェフリー・ダニエルという人でした。
実はマイケル・ジャクソンはのジェフリーからバックスライドを教わり、「ムーンウォーク」と命名して自分の踊りに組み込みました。 この時、ジェフリーに日本円で12万円相当のお金を支払って教えてもらったそうですが、5分足らずでマスターしたマイケルにはやはりダンスセンスが際立っていたと考えるべきでしょう。

6:ディズニーランドを貸切した

彼はディズニー好きとしても知られていました。 1987年9月29日に彼は東京ディズニーランドに行きましたが、彼が来園する噂は当時から広がっていました。 このままでは場内が大混乱になると考えたオリエンタルランド側は、なんとディズニーランドをマイケルの貸切にしてしまったといわれています。

7:遺産相続ができない

彼は世界的なアーティストであったので、死後の遺産も莫大な額に達すると見られていました。 しかし、約484億円以上と言われる負債があったと見られ、もし相続すると税金+負債も引き継ぐため、実際にはほとんど相続ができない可能性があると言われています。









この記事へのコメント